バイクを売る前に事前に高く売る方法、コツを知りたい人向け。バイクを高く売るコツはあります。ただし、バイクと一言で言っても沢山の車種が何十年にも渡って発売されていますので、ここでは、一般的な高く売れるバイクについて説明します。

バイクを高く売る方法

バイクを高く売る方法

バイクを売ることになった方へご挨拶

cb400sf.sb..jpg
色々な理由でバイクを売ることになったと思います。せっかくですので、バイクを売る時の知識をしっかりつけて、少しでも高い金額で売却を目指しましょう。これまで多くのバイクに乗って来ましたので、ちょっとだけあなたよりも詳しいかも知れません。もしかしたら、あなたの方が全然詳しいかも知れません。何か一つでもあなたの役に立つ事がお伝えできればと思います。ではさっそく進めていきたいと思います。よろしくお願いいたします。まず最初に、「自分のバイク売れるのかな?」と思っている方も多いかと思います。
実は、バイクを売却する時に全員が普通に動くバイクを売っているのではありません。意外と動かない状態のほうが多いかも知れません。「バイクに乗らなくなったので売却したい」この理由が一番多いです。ではなぜバイクに乗らなくなったのか?
これも色々な理由が有りますが、一番多いのが、「生活スタイルが変わったから」という話を良く聞きます。学生が社会人になったり、恋人が出来たり、家族が増えたり、仕事が忙しくなったり、別の趣味が出来たり、自分の事で精一杯になったり、「もう今はバイクに乗ってる場合じゃないんだよ」と忙しくなる方も多いです。でも安心してください。実はみんな同じ様に経験しています。「乗れなくなったら売却する」「また乗れる様になったら購入する」「もしかしたらもう購入出来ないかも知れない」でも良いのです。あくまでも趣味の世界ですので、無理するよりも、今やらないといけない事に集中しましょう。バイクに乗ることはとてもカッコ良くて、気持ちがいいですが、バイクを降りる事は決して恥ずかしい事でも、惨めな事でもありません。誰しも経験する事です。今までバイクに使っていた時間を別の趣味に全力投球しても良いと思います。もしかしたら、その趣味が一生の趣味になるかも知れません。人生、沢山の事を経験した方が良いと思います。あなたもバイクに乗って、それまで見たことの無い景色や、恐怖を味わったと思います。バイクに一度でも乗れば、バイクの良さと危ない部分が分かるので、車を運転する時や、道路の端を歩く時も注意する様ようになります。

バイクを高く売る方法についての記事


高価買取される車両の特徴
社会的な問題を抱える事になる
買取相場はどこから出て来るの?
ネットで調べるオンライン査定はどこが良いの?
事故歴、事故車不動車、大きなキズ、割れ凹み
バイクを売る前に事前に高く売る方法、コツを知りたい
 
bikutakakuuru3.jpg

高価買取される車両の特徴

ninja250r.2009.02.jpg
これは昔から言われ続けていますが、ノーマルの車です。アフターパーツが色々と付いているとマイナス査定に繋がることが有っても、あまりプラス査定にはなりません。整備が行き届いた高価な部品でも同じです。これはなぜなのか?実は私も昔、不思議でしょうがなかったです。それまで色々バイク屋さんに理由を聞いていましたが、イマイチ納得が行かず、「安く買ってパーツを外して部品として販売して二重に儲けるのかな?」などと下世話な事も思ったことも有ります。でもある時、ふと気付いたのです。それは、「ヘルメットのカラーリングやライディングウェアの色形、乗っているバイクの車種、好きな色など、人にはとても細かい好みが有って、趣味の分野ではそれがとても大事にされている」と思いました。ある人はCB1300SFが好きだけど、ある人はモンキーが好き。またある人はオフロードバイクが好きだったり、アメリカンが好きだったり。他の人がアフターパーツを取り付けた状態のバイクを「好きなパーツが付いていてラッキー」と捉える人と、「このパーツよりも別のパーツの方が好き」と捉える人。こればかりは人それぞれなので、有る一人が「このバイクは絶対にこのカスタムが一番」と言っても、他の人がそう思うかは分かりません。つまり、洋服もそうですが、「自分が気に入ったバイクしか人は買わない」ので、アフターパーツが付いていればいる程、購入者の見込み客を減らす事になるのです。アフターパーツの色も、赤が好きな人も居れば、青が好きな人がいたり、黒が好きな人も居たり、大変です。こういった事情から査定金額が下がってしまう事もあります。

▲TOPにもどる

bikutakakuuru3.jpg

社会的な問題を抱える事になる

zephyrx400.2009.jpg
また、もう1つ重要なポイントで、昨今の消費者保護の法律が厳しくなり、改造車を販売してそのパーツが緩んだり、落下して事故が起こった時に、場合によっては販売店側の責任になる可能性がある事です。メーカー純正以外のパーツが多数取り付けられている場合、全てのパーツの状態を確認しなければ販売できません。(販売するお店もありますが)
そうしないと、「売ったその日にパーツが落下して、歩行者の子供の頭に当たって大変なことに繋がる」などという事まで本気で想定しなければいけなくなります。気苦労が絶えないですよね。
ですので、ディーラー系や大手の販売店では、「一部メーカー商品以外のアフターパーツは全て取付お断り」にしているお店も多いです。
逆に、改造専門で運営しているお店も多数あります。こういったカスタムショップは、店主さんが自分で乗ってチェックして「トライ&エラー」を繰り返して取付のコツ等を知っていて調整しています。なので、自分でやって同じ様に出来るとは限らないので、整備代を支払ってでもプロショップでパーツの取付は行って貰った方が良いと思います。

補足として、アフターパーツに交換している部品が転倒等で破損して交換したのかな?と想像される事もあります。ノーマル状態の車両だと、そういった心配な部分が一切無いので、次のユーザーになる人も選びやすくなります。と言ったことから、買取査定に依頼する前に、アフターパーツを外して純正部品に交換出来れば、そちらの方が良いです。

▲TOPにもどる

bikutakakuuru3.jpg

買取相場はどこから出て来るの?

magxam250.2006.jpg
中古バイクの買取相場は市場価格とオークション市場の2つの価格から作られています。
これはどちらも、「大体の数字」で良ければ、ネットで調べることが出来ます。
まず、中古バイクの価格からですが、バイクブロスとGooBikeが使いやすいです。
バイクブロスはバイク買取も全国的に行っているので、地域に関係なく無料で査定に来てくれます。バイクブログのサイトの良い点は、よほど古いバイク以外は写真付きでカタログが乗っている事です。それと、全国の様々なバイクイベント情報や、新車、パーツ、ウェア、関連商品のニュースが速い事です。見ていて飽きません。
GooBikeの良い所は、何と言っても圧倒的な掲載台数です。店頭販売価格の相場が誰でも分かるくらいに台数が多いです。また、台数が極端に少なくなって来ている事にも気付けます。バイク市場がサイトの中に有るみたいな大きなサイトです。欲しいバイクが今幾ら位の金額なのか把握できるので、購入する時にはとても参考になります。勿論、売却する時に、あなたと同じバイクが「人気なのか、人気でないのか」が分かり、参考になります。
これは、当然ですが、あなたのバイクが市場で人気でしたら買取相場も高値になります。

▲TOPにもどる

bikutakakuuru3.jpg

ネットで調べるオンライン査定はどこが良いの?

hornet2501999.12_2.jpg
次に買取相場ですが、「2つと1つ」の合計3つ有ります。どうして始めから「3つ」と言わないのかは、その使い方、精度が違うからです。まず「始めの2つ」ですが、「バイクワンとバイク比較.com」が無料でオンライン自動査定を提供してくれています。これは、過去に買取を行ったデータを入れていってますので、バイクの車種や排気量などを入れると簡単に過去の買取実績が分かります。ただ、買取時期は公開していないので、「参考値」程度に見ることをおすすめ致します。
次に、「もう1つ」ですが、これは「バイクランド」のオンライン査定を使う方法です。
バイクランドの買取実績を元に概算の買取査定金額を教えてくれます。
使い方はサイトにバイクの情報と、自分の名前、電話番号、メールアドレスを入れて申し込むと、人間がデータを出してくれて連絡してくれます。直近のデータが出てくるので、こちらの方が実際の買取相場に近い様な気がします。3つとも無料で、自分で操作出来るので、いきなり家に買取業者さんが来たりする事はないので、安心して使えます。

中古バイクの「販売価格と買取相場」が分かれば、後は買取業者を選ぶだけです。少なくともバイクを売る前に、この2つだけは確認しておくべきだと、色々な人に伝えています。
中古バイク雑誌、サイトが多くの同じ車種を見ることで相場が分かるように、何か元になるデータが無いまま、いきなり買取業者さんを呼んでも、「査定金額」が高いのか安いのか判断がつきません。これはとても勿体無いことです。なぜなら、多くの買取業者さんは査定金額に「価格交渉される」という保険を掛けています。交渉は苦手でも、「バイクランドでこれくらいでした」は意外と効きます。少しでも買取価格を上げる為の大事な準備です。

▲TOPにもどる

bikutakakuuru3.jpg

事故歴、事故車不動車、大きなキズ、割れ凹み

sr400.aniv.jpg
あと、中々バイクを売却出来なかった方の特徴で、「事故して修理していないのでどうして良いか分からなかった」、「転倒キズが大きくて申し込む勇気がない」、「ガレージに10年以上放置しているから売れないと思っていた」、「バッテリーが上がってそのまま放置したのでエンジンが掛からない」などよく聞きます。でも安心して下さい。そういったバイクばかりですよ。全国のガレージ、駐車場、倉庫、納屋から不動車、事故車がもう一度、世の中に出ることで、助かる人も沢山居ますので、どういった状態でも気にしないで申し込みして大丈夫です。特に修理することも無いですし、ホコリ被った状態のまま依頼するのがベストです。洗車するとキズが付く事も有るので、わざわざ洗車したり、無理にエンジンを掛けようとしない方が良いです。しばらくエンジンを掛けないと、ピストン周りやクランク周り、ヘッドから油脂、油分が落ちているので、バッテリーを車に繋いで無理にエンジンを回すと「キュッ」と焼き付く事も有ります。また、古いバイクはガスケットが劣化していて、無理にエンジン掛けてふかす事で、ガスケットが吹き飛んで焼付く危険性も有りますので、動いていない不動車はそのまま買取業者に申し込まれて下さい。原付スクーターも同じです。ガソリンの劣化やホースに詰まった固まったオイルがホースを破ったり、キャブから出ているゴムのマニーホールドが大体劣化してヒビが入ってそこから空気を吸って焼き付きます。アイドリングの時は分かりませんが、走り出すと振動などでヒビが開き空気を多く吸い込む事が多いです。どんな状態でもご心配なく気軽に申し込みしてください。

▲TOPにもどる

bikutakakuuru3.jpg

バイクを売る前に事前に高く売る方法、コツを知りたい

drugstar250.jpg
バイクを高く売るコツはあります。ただし、バイクと一言で言っても沢山の車種が何十年にも渡って発売されていますので、ここでは、一般的な高く売れるバイクについて説明します。

まず、バッテリーが生きていて、セルが回ってエンジンが掛かること。
ライト、ウインカー4つが点灯、点滅すること。
バイクを押した時にブレーキキャリパーが固着して無いこと。
レバー、ステップが折れていないこと。
シートに破れが無いこと。
グラブバー、シートのタンデム用ベルトが付いていること。
ホイール、スイングアームがキレイなこと。
フロントカウル、シートカウルに割れ、欠けが無いこと。
スクリーンに割れ、ヒビが無いこと。
ミラーが左右両方付いていること。
タンクに大きな凹み、変色が無いこと。
前後のタイヤが車検に通る状態であること。

はい、これが全部クリア出来ていれば、高く売れます。
「そんなの当たり前じゃないか」と思われた方、その通りです。

では、あなたが買う側の買取業者だったとしたら、もしくはバイクの販売店で買う時に、これらの項目は無視できる事でしょうか?
同じ様に気になりませんか?
査定業者側も、汚くてボロボロのバイクを買い取っても仕方ありません。それでは売れませんので。

これは業者間オークションでも売れないし、店舗では更に売れません。
外観がボロボロであったり、足りない、修理されていない、パーツが足りていない状態のバイクに何を求めますか?

バイク屋はジャンクショップでは無いし、昨今販売者の責任も高くなり、整備出来ていないバイクを売ることは、売った後も責任問題を背負う事になります。
なので、無料出張査定に行っても、査定スタッフが判断して「買い取りたくない」「買い取ると整備代が掛かりすぎる」と判断されたら、「査定金額は¥0円です」と言われます。

上の12項目で足りていない項目が有れば、その分自分の頭のなかにある査定額を下げていかないと、査定交渉で同じことを言われるのは間違いありません。
キツイ言い方ですが、事実を隠して良いことばかり言う方が多く、夢を見せる事だけが問題解決だとは思わないので、正直にお答えしました。
「いまさら売るバイクに部品を買って交換もしたく無い」と思われると思います。
でしたら、気合を入れて最後に外装だけでもピカピカにしてから査定に出しましょう。それだけでも数千円は違ってくると思います。

▲TOPにもどる

bikutakakuuru3.jpg